ごあいさつ
みなさま 私たちクラブのホームページにおいでいただきまして、ありがとうございます。
クラブは、昭和55年の創部以来四半世紀が過ぎ、部員数も当初の4名から現在は60数名を数える大所帯に成長しました。部員の多くは、学生時代に全国各地の学校でマンドリンやギターなどを経験した人ですが、仕事や子育てなどの空白期間を経て再び楽器に戻ってきた人も多くいます。それは、「もう一度、あの音色を!」「もう一度、夢中になれる時間を!」を各々が切望して、立川マンドリンクラブの仲間となった人たちです。
この出会いを大切にしてクラブの和を作っているのが、このホームページと機関紙「トレモロ」です。そして何より部員一人一人が持っている「隠れた才能」を出し合える雰囲気を大切にしていることです。
大道具小道具を作る人、楽譜ではなく音から編曲できる人、広報に生きがいを見つけた人、自分の持っている音楽への思いを熱く語る人、パソコンに精通している人、懇親会を盛上げる宴会屋さんなど、いろいろな人がいます。
また、演奏ではジャンルにとらわれず、いろいろな分野の音楽を取り上げることも、部員の輪の一助となっています。
ホームページではクラブの歩みを写真入りで紹介するなど、今まで以上に親しみを持っていただけるようなページにしていきたいと思っています。
これからも、ときどき立寄って見てください。
お待ちしております。
立川マンドリンクラブ代表 鹿野 繁治
沿   革
1980年04月 立川市の文化教室として4名で「立川マンドリン友の会」を発足する
1981年02月 第1回高松公民館音楽祭参加
1982年11月 第1回定期演奏会開催
・・・・・・・・・・
1997年12月 第16回定期演奏会 よりマンドリン音楽地球紀行を始める。第1回「ウィーン」
1998年11月 第17回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「ロシア」
1999年11月 第18回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「アメリカ」
2000年2月 カザルスホール第13回アマチュア室内楽フェスティバルに出演する
2000年3月 日本マンドリン連盟関東支部主催第2回マンドリン室内楽in TOKYOに出演、特別賞を受賞
2000年11月 第19回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「フランス」
2001年2月 藤掛廣幸氏より『組曲 紙すきの歌』を献呈される
2001年7月 日本マンドリン連盟関東支部主催
第3回マンドリン室内楽in TOKYOに出演『組曲 紙すきの歌』初演
2001年11月 第20回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「Holiday in JAPAN」
2002年2月 カザルスホール第15回アマチュア室内楽フェスティバルに出演する
2002年11月 第21回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀「中南米の民族音楽」
2003年9月 多摩都市モノレールイベント企画に入選、「駅コンサート」を5駅で実施する。
2003年11月 第22回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「スペイン」
2004年11月 第23回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「イギリス」
2005年11月 第24回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「シルクロード」
2006年3月 日本マンドリン連盟機関紙「関東一円マンドリンクラブ訪問記bS」で紹介される
2006年11月 第25回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「イタリア」
2007年11月 第26回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「地球から宇宙へ」
2008年11月 第27回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「水の惑星」
2009年11月 第28回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「大地」
2010年11月 第29回定期演奏会 マンドリン音楽地球紀行「空と風」
2012年11月 第31回定期演奏会 ”春夏秋冬”
2013年11月 第32回定期演奏会 ”リズム”
2014年11月 第33回定期演奏会 ”愛”